Macbook 2009 midにWindows 8を入れた。

全然情報がなかったので、なんか無理やり入れてみた。

Windows 7を入れたときのメモはここから

買ったのはWindows 8 Proのアップグレード版。これが災いの元だったかもしれない(
やろうとしているのは、
BootCampでWindows 7 x64を入れている環境をWindows 8にしたい。

環境。
Macbook 2009 mid
Mac OS X 10.7.5 Lion
BootCampでWindows 7の64bit版入れてる。
Windowsは遊び用なのでデータ引き継げなくてもあまり騒がない(

とりあえず、BootCampでWindows 7を立ち上げて、Windows 8のディスクを入れて環境引き継ぎでのアップグレードを試みる。
再起動されたあと、winloader.exeがないと言われて失敗。
…まぁなんとか出来ないこともないんだろうけど、めんどくさい。

そこで、Mac OS XのBootCampアシスタントからWindows領域を削除し、もう一度切り直して、Windows 8の64bitを新規インストール。
…インストールは完了するが、ライセンス認証できず。ついでにBoot Campサポートソフトウェアがインストールできない。
7の時はできた回避方法すら不可能。
……32bitならスムーズにインストールできるのは7入れるときに調べててなんとなく分かってた。

そこで。

もともとあったWindows 7の環境は消えてるから[1]Windows 7(64bit)を入れたあとに、そのパーティションへWindows 8(32bit)いれればいいんじゃないか。

……64bitから32bitへ”アップグレード”することの是非はあとで。

Mac OS XのBootCampアシスタントからWindows領域を削除し、もう一度切り直して、Windows 7(64bit)を素直にインストール。
起動したら、そのままシャットダウン。
option押しながら電源入れて、Windows 8(32bit)のディスクをいれて、そのディスクから起動し、8をインストール。
アップグレードではなく、新規のインストールになる。
パーティションを選ぶときにフォーマットを選ばないようにする。

結果……

ライセンス認証も通り、Boot Campサポートソフトウェアも問題無くインストールできました。

これで、ぼくのMacBookもタッチパネルに!(なるかボケ)


Windows 8の設定のあれやこれやは…気が向いたら記事にするかも。

で、「64bitから32bitへ”アップグレード”」の件なんですけど。

ここにもあるように

32bit版から64bit版へのアップグレード(あるいはその逆)はできない。

よって、できないわけですね、本来。
ただ、 ファイルや設定なんかを保持した場合はできないけど、そうでは無い場合にはできてしまうので……まぁいいのかと。

ライセンス的にはどうなんだろう?
とりあえずアップグレード対象のWindows 7をインストール時に認識してれば大丈夫なんだと思うけど…うーん

  1. 別に消えても問題無かったし []

コメント