引っ越し前のアパートで契約していた家財保険の解約を忘れていた問題

スポンサーリンク

契約更新の案内が来て気が付いた

先日、外出先から帰宅したところ、前の住所から転送されてきた郵便物がポストに入っていました。

ジャパン少額短期保険株式会社の、賃貸物件用火災保険の継続手続き……?
転送されてきたため、前のアパートだとは思いましたが、こんなん入ってたっけ…?

アパート契約時にそういえば…

前のアパートを契約したのは、確か2017年の1月でした。
そういえばその時に、いろいろな紙を書いた中に保険の書類もあったような気がしました。
しかも、9月に今のアパートに引っ越してきたばかりのため、今のアパートでも同じような火災保険を契約していたのを覚えていたのです。
確かこの保険は2年間で2万円だったような気がします。
今回送られてきたジャパン少額短期保険株式会社の物も2年間で2万円でした。
そして「新すまいRoom保険」という名称でした(

この記事を書くためにホームページを見ましたが、どうやらインターネットでも契約できる物のようですね。

【新すまいRoom保険A】賃貸物件の入居者様向け家財・賠償保険|ジャパン少額短期保険株式会社
【新すまいRoom保険A】はジャパン少額短期保険株式会社が提供する賃貸物件の入居者様向けの家財保険・賠償保険です。不動産管理・仲介業者様の事務軽減にも役立ちます。

ネットで解約ができた

さて、中の紙を見たところ、部屋を退去した人向けの案内も書いてありました。
幸い、インターネットで解約できるURLも書かれており、ネットで解約申し込みを行いました。
証券番号や名前など、該当する項目を入力するだけでしたので、特に難しいことはなかったです。

賃貸物件を退去するときには家財保険の解約も忘れずに!

ネットや引っ越し業者が、引っ越しのチェックリストを製作しており、今の家に引っ越す際にもそのチェックリストを使用しました。
郵便転送のことととか、住民票のことなど、様々な物がありましたが、この家財保険に関しては盲点でした。
自分で家を建てたりしていたら覚えているのかもしれません。
しかし賃貸で同時に様々な書類を書き、いろいろなお金をまとめて振り込んだような場合、私のように忘れている可能性もあります。
これから引っ越しを考えている人は家財保険を契約していないか確認してみてはいかがでしょうか。

コメント