病棟看護師が忙しいと感じる5つの要因を私がピックアップしてみた

昨日1月2日が今年の仕事始めでした。
過去には「12月31日23時59分59秒に仕事納めて、1月1日0時0分0秒に仕事始め (1)準夜勤務で記録書いてたら年を越した 」や、「年を越した2分後に家を出て1月1日0時半から仕事始め (2)深夜勤務 」などということもありましたが、今年は年末年始に連休をもらい、就職してから初めてゆったりとした年越しでした。
さて、今年最初の仕事を終えて、「病棟看護師が忙しいと感じる要因ってなんだろう」という話をします。
あくまで私の経験からなので、病院・病棟によっては全く違うと思いますが…

スポンサーリンク

忙しくなる要因をピックアップしてみた

ICUや急性期病棟ではともかく、私の勤務するような療養病棟や慢性期病棟では、患者さんが数日で大きく入れ替わるという事はまずありません。
特に年末年始は(亡くなる以外で)入退院もほぼなく、約1週間にわたって同じ患者さんが同じメンバーですごしているような状況になります。
…それでも忙しさって日によって違うんですよ?

忙しくなる要因その1:点滴引っこ抜いたり、栄養チューブ抜かれたり

栄養チューブ、ちょうど「いらすとや」にありますのでこんな感じのやつです。

これは鼻から注入していますが、「胃ろう」「腸ろう」と言って、お腹に穴を開けて胃や腸に直接栄養剤を流し込む物もありますね。
点滴もそうですが、こういった物では、注入するために何らかの形でチューブやルートを利用しています。
これを引っこ抜く人がちょいちょいいるんですよ…
これ、抜かれると基本的には再挿入しなければならなくなりますので、予定外の仕事が加わることになります。
しかし、自分で抜いてしまう人は大抵、おとなしくしていないです(苦笑
なので、時には複数人で説明しつつ手を押さえつつ挿入・ルート確保を行う事になります…

スポンサーリンク

忙しくなる要因その2:う○こダダ漏れ

食事中の方がいたらごめんなさい(; ・`д・´)
特に高齢者が多い病棟でよくあるのですが…
高齢になるとおしめを使用しているケースが大変よくあります。
しかし認知症などで、おしめを使っていることが理解できていない方もいます。また、寝たきりでもベッド上で動いてしまっておしめがずれることもあります。
そういったときにう○こが出ると…隙間から漏れたり、ずれたところから漏れたり…
時には気持ち悪いからか、おしめを外してしまったり…
幾度となく、う○この海になっている様子を見ましたよ、えぇ…
ダダ漏れになってしまうと、着替えやら布団替えたりやらシーツを替えたりやらと仕事が一気に増えますし、時間も取られます。
そうなると、他の仕事にもろに影響が出ますので、忙しく…なりますよね……

忙しくなる要因その3:急な発熱

これはしょうがないっちゃしょうがないんですが…
高齢の方の場合は特にですが、どれだけ気をつけていても肺炎になってしまう方がいます。
症状としては急な発熱で発覚しますね。
またこれからの季節ですと、インフルエンザもありますね。
いずれにしても、発熱があると何らかの形で検査(通常は採血検査、インフルエンザだと簡易検査キットを使用)をしたり、点滴をしたりしなければいけません。
しかし看護師が勝手にするわけにはいかないので、主治医(不在の場合、当直医など他の医師)に連絡して指示を仰がないといけません
医師の指示が無いと動けないんですよ…我々…
そのため、外来や他病棟の担当患者のところにいっている先生を捕まえなければならず、そこで時間を食い、さらに検査や点滴のルート確保で時間が取られ…と、ほんとに忙しくなります。

忙しくなる要因その4:転倒したり転落したり

これはまぁプチ忙しいレベルのこともありますが。
認知症などで判断力が落ちていると、ほんとなんでか分からんけど車椅子から落ちたり、そこら辺でこけてたり、降りれないはずのベッドから降りたりするんですよ…
見守りを行うといっても、特に世間が休日の日はスタッフの人数も少ないですから、つきっきりというわけにもいかず…
センサーやできる限り頻回な巡回でカバーしようとはしていますが、どうしても起きてしまいますね…

スポンサーリンク

忙しくなる要因その5:急変

急変はいつ起こるか分かりませんし、極端な話「部屋に行ったら死んでた」ってこともあるので…
人の死という場面で「家族や患者さんに配慮を」と考えています。
ただ、ある程度想定していたとしてもやはり業務量的に増えるのも事実です。
そのため「忙しい……」「なんで自分の勤務で…」という感情も持ってしまいます……

これらが無ければ平和か?

まぁだいたい平和だと思いますよ?
仕事量が少ないという事はそれだけ余裕が生まれます。
それは仕事自体の余裕もそうですが、スタッフの精神的な部分の余裕もです。
どこの病院も似たような状況だと思いますが、いわゆる人手不足のために配置基準ギリギリで運用している病棟だと、1人の看護師がかなりの人数の患者さんを受け持つような状況があります。
そうなると、普段から多くの仕事をすることになってしんどい状況が生まれていたりします。
少しでも仕事量が少ない方が良いです…ほんと……

ちなみに、昨日はほんとに平和でした。

そうですね、患者さんに「ハゲ」って言われて心の中でブチ切れつつ笑顔で「短くしてるだけだ」と返す余裕があるぐらい、平和でしたね←

今年もがんばります

三が日ということもあって昼に更新していますが、実はこれが公開された時刻(1月3日12時00分)も私は仕事をしています(苦笑 (3)予約投稿しています
今年は子どもが生まれるということもありますし、今まで通り、いや今まで以上にがんばっていきたいと思います。

References   [ + ]

1.準夜勤務で記録書いてたら年を越した
2.深夜勤務
3.予約投稿しています

コメント