おむつ専用ゴミ箱の選び方!おすすめはColor Korbell おむつポット!

赤ちゃんが生まれる前に必ず準備するものの一つにおむつがありますよね。
ですが、意外と盲点になりがちなのが、使用後のおむつの捨て方…
いくら赤ちゃんとは言え、おしっこはおしっこの臭いがしますし、母乳やミルクしか飲んでいない頃でもうんこは臭います。離乳食を食べ出したらもはや大人のうんこと同じ臭い…( ꒪⌓꒪)

そこで、必要になるのが、おむつ専用のゴミ箱です。
我が家では「Color Korbell おむつポット」を使用しています。
おむつ専用のゴミ箱の選び方と、どうしてColor Korbell おむつポットがおすすめなのかを紹介します。

スポンサーリンク

おむつ用ゴミ箱に求められる条件

一口におむつ用ゴミ箱と言っても、さまざまなものがあります。
ただのバケツのようなものから、オシャレなもの、自動で密封してくれるものまで…
そこで、看護師として療養病棟で5年働いた経験も踏まえた上で、私が思うおむつ用ゴミ箱に求められる条件をピックアップします。

臭いが外に漏れない

なんと言っても一番重要なポイントです。
最初にも書きましたが、いくら赤ちゃんでもうんこやおしっこは臭います(苦笑
うんこに関しては、母乳やミルクだけの時はそこまで臭くはないのですが、離乳食が始まると徐々に大人と同じような臭いになってきます…
そこで、臭いが外に漏れない構造になっていることが重要です。

3~4日分は捨てられる容量がある

病院や施設のように、おむつ交換したら毎回ゴミ袋を閉じるのであればともかく、家庭ではある程度まとめて捨てるようになるかと思います。
毎回毎回、小さいビニール袋に密閉して普通のゴミ箱に捨てるという方法もなくはないですが、ちょっと大変ですよね…?
新生児では平均すると1日で10~13回、おむつ交換をすると言われています。我が家では多いときは20回近く交換したときもありました…
また、一般的に使用済みおむつは燃えるゴミになりますが、燃えるゴミは週2回しか回収がありませんよね…?そうなると、3日分程度は捨てられる容量が必要になってきます。(もちろん、こまめに取り出しておく方法もあります)
子どもによって、家庭によって、また、保育園に行くかどうかでも、おむつ交換の頻度が違いますので一概には言えませんが、ネットのレビューなどで確認してみると良いと思います。

構造がシンプルで分かりやすく使いやすい

いくら臭いが漏れなくても、構造や操作が複雑だと毎日使うものとしてはちょっと避けたいものですよね。
また、家庭によっては子どものおばあちゃんやおじいちゃんもおむつ交換を手伝うことがあるかもしれません。
構造がシンプルで分かりやすく使いやすいと、誰にでも使いやすいものになりますので、そういった点も考慮すると良いと思います。

専用カートリッジがなくても使うことができる

臭いを漏れにくくするために、おむつ専用のゴミ箱の中には、専用のカートリッジを使用するものもあります。
臭い漏れという部分では大変優秀だと思うのですが、子育てが終わったあとの汎用性という部分では劣ってしまうのが事実です…
なにより専用カートリッジはランニングコストがかかりますし、購入できる場所も限られてしまいます…
いざというときに普通のビニール袋でも利用できそうなものを選んでおくと、後々のことを考えるといいのではないかな、と思います。

我が家で使っているのは「Color Korbell おむつポット」

と言うことで、改めて我が家ではこれを使用しています。

Color Korbell おむつポットは、日本育児製のおむつ専用ゴミ箱です。
使い方は簡単で、足踏み式のゴミ箱とほぼ同じです。内蓋があるため、臭いが漏れることはありません。
袋の交換時に多少臭いが漏れることはありますが、我が家では許容範囲でした。

ネックは専用の袋だが…

Color Korbell おむつポットは、専用の袋…というより、専用のロールを使用する構造になっています。
これがなかなか売っていません。指定されているロールはネット通販でしか見たことがないです。そうそう頻繁になくなるものでもないんですけどね…
ですが、Amazonのレビューで、買い物袋をかぶせて使っている報告がありました。買い物袋でも意外と大丈夫みたいですので、完全に専用のものを使わなければならない他社製品と比べれば、汎用性は高いのではないかなと思います。

また、この専用のロールはベビーパウダーの香りが付けられています。
この香り、気になる人もいるかもしれませんので、少し注意が必要かもしれません。我が家では気になりませんでしたけどね。

一応、”社外品”も売ってます。

我が家では使ったことはありませんが、社外品のロールもAmazonや楽天市場で販売されています。

長さが少し純正よりも短いようですが、ベビーパウダーの香りは付けられていませんので、苦手な人にはお勧めです。

構造は同じ!?西松屋でほとんど同じ物が売っていた!

実は西松屋にもこのおむつポットで使えるロールを売っています。
「におわ〜ず専用補充用ロール」として売られています。
多分構造がほとんど同じゴミ箱(におわ〜ず)なんでしょうね。
そのため、西松屋が近ければそちらの替えロールを使うのも手です。我が家はそうしています。西松屋が近くにあるありがたみ……

これから買う人の参考になれば…

普通のゴミ箱ではどうしても臭いが漏れてしまって、家中が臭くなってしまいますが、おむつ専用のゴミ箱なら安心です。
それぞれの家庭に合わせたおむつ専用ゴミ箱をぜひ選んでみてください。

コメント